ヤマハ 動作確認機器

ヤマハ株式会社のルータ製品 NVR500 および RTX1210 および RTX830 で、transix IPv4接続オプションサービスを利用できることを確認しましたので、本ページに接続に必要な設定を例示します。

transix IPv4接続オプションの動作を確認した型番/ファームウェアバージョンは以下の通りです。

  • NVR500 (ファーム Rev.11.00.25)
  • RTX1210 (ファーム Rev.14.01.09)
  • RTX830 (ファーム Rev.15.02.01)

製品情報、および公式マニュアルについては、以下を参照ください。


設定例

ホームゲートウェイ(ひかり電話ルータ)ありの場合(DHCPv6-PD回線)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
# NVR500 Rev.11.00.25 (Tue Nov 11 14:23:33 2014)
ip route default gateway tunnel 1
ipv6 route default gateway dhcp lan2
ipv6 prefix 1 dhcp-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 address dhcp-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server
ipv6 lan2 address dhcp
ipv6 lan2 dhcp service client
ngn type lan2 ntt
tunnel select 1
tunnel encapsulation ipip
tunnel endpoint address [AFTR ADDRESS]
tunnel enable 1
dns server dhcp lan2

ホームゲートウェイ(ひかり電話ルータ)なしの場合(RA回線)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
# NVR500 Rev.11.00.25 (Tue Nov 11 14:23:33 2014)
ip route default gateway tunnel 1
ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 prefix ra-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 rtadv send 1
ipv6 lan2 address auto
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on
tunnel select 1
tunnel encapsulation ipip
tunnel endpoint address [AFTR ADDRESS]
tunnel enable 1
dns server dhcp lan2

AFTRのIPv6アドレス設定について

RTX1210(Rev.14.01.20 より前) および NVR510(Rev.15.01.09 より前) では、tunnel endpoint nameコマンドを用いてAFTRの名前を指定をした場合、 IPv4 over IPv6トンネルの接続を確立することができないため、tunnel endpoint addressコマンドを用いて、IPv6アドレスでAFTRを指定する必要があります。

RTX830 ではすべてのバージョンで tunnel endpoint nameコマンドが使用可能となります。 設定例は tunnel endpoint name gw.transix.jp となります。

なお、2019年01月01日時点のAFTRのIPv6アドレスは以下の通りですが、将来予告なく変更することがありますので、接続ができなくなった場合にはIPv6アドレスに変更がないか確認ください。

NTT東日本エリアNTT西日本エリア
2404:8e00::feed:1002404:8e01::feed:100
2404:8e00::feed:1012404:8e01::feed:101

その他の設定について

上記設定例はDS-Lite関連の設定のみ例示してあります。機器やLANへのアクセス制御のためのフィルタや認証については、別途設定してください。


IPv4およびIPv6で接続できているかを確認するには、

などが便利です。