ELECOM WRCシリーズ

エレコム株式会社のWiFiルータ WRCシリーズ で、transix IPv4接続オプションサービスを利用できることを確認しましたので、本ページに接続に必要な設定を例示します。

transix IPv4接続オプションの動作を確認した型番/ファームウェアバージョンは以下の通りです。

  • WRC-1167GST2
  • WRC-1750GSV
  • WRC-1750GST2
  • WRC-1900GST2
  • WRC-2533GST2

エレコム製品の公式情報については、以下を参照ください。

設定例

自動で設定する場合

  1. 動作モードスイッチを「ルーター」に設定します。

  2. インターネットポートとONU(またはHGW)をLANケーブルで接続した状態で電源を入れます。

  3. ブラウザでルータの設定情報を確認します。 ※工場出荷状態の場合、http://192.168.2.1/ でアクセス可能です。

  4. かんたんセットアップの「自動設定」を選びます。

  5. 接続方式に transix、IPv6アドレス(グローバル)に 2409:10 ~ 2409:13 または 2409:250 ~ 2409:253 から始まるアドレスが設定されていれば設定完了です。


手動で設定する場合 (自動でtransixモードにならなかった場合)

  1. ブラウザでルータの設定画面にアクセスし、WAN&LAN の項目をクリックします。 ※工場出荷状態の場合、http://192.168.2.1/ でアクセス可能です。

  2. WANアクセスタイプにてtransixを選択し、適用をクリックします。

  3. 接続方式に transix、IPv6アドレス(グローバル)に 2409:10 ~ 2409:13 または 2409:250 ~ 2409:253 から始まるアドレスが設定されていれば設定完了です。


備考

  • PPPoEによるIPv4通信とDS-LiteによるIPv4通信の併用はできません

IPv4およびIPv6で接続できているかを確認するには、

などが便利です。