ここからグローバルナビゲーション
ここからローカルナビゲーション

JPNAP Galaxyサービス

ここから本文

このページは2014年のエイプリルフールとして公開されたものです

すべての銀河コミュニケーションは、ここを通る。私たちはそんな「場」と「ソリューション」を提供し、革新的な「付加価値」を創造してきます。

JPNAP Galaxyサービス

JPNAP Galaxyサービス

JPNAP Galaxyサービスとは

JPNAP Galaxyサービスは、来る宇宙開拓時代に向けて安定した通信インフラを提供する銀河系規模の惑星間通信相互接続サービスです。 インターネット相互接続サービス「JPNAP」を10年以上に渡って運用して培った知見と経験を活かして2014年4月よりサービス提供を開始しました[プレスリリース]。 現在はわし座エリア、こと座エリア、はくちょう座エリアにおいて提供を開始しており、これらの星座が観測できなくなる冬季に備えて、将来的にはおおいぬ座エリア、こいぬ座エリア、オリオン座エリアでの提供を予定しております。

JPNAP Galaxyバックボーン

弊社は1995年に天才物理学者R・タンホイザー博士が提唱したエーテル理論体系を独自に発展させ、エーテル中での光の伝搬時にタイムワープ効果を引き起こすことにより、 伝搬遅延を限りなく0に近い値に抑えることが可能となる理論を構築しました。 さらに、この理論にロストテクノロジーと呼ばれる先史文明の技術遺産を組み合わせることで、銀河規模の長距離光通信の実用化に成功しました。 この通信規格をUEEE802.3ga GingabitEthernet(ギンガビット・エーテルネット)として標準化し、昨年異星座恒星間の相互接続実験に成功したことで、サービス提供の実現に至りました。 提供エリアの主要恒星であるアルタイル、ベガ、デネブ間をそれぞれGingabitEthernetで結ぶことにより広帯域かつ高可用性のバックボーンを構築しています。 なお冗長性の実現にはIEEE802.1Dのスパニングツリープロトコルを使用しております。

JPNAP Galaxyトポロジー図

サービスメニュー

お客様の宇宙進出の規模に応じて、接続拠点とサービスクラスを自由に組み合わせて頂くことが可能です。

接続拠点
  • アルタイル(わし座53番星)
  • ベガ(こと座3番星)
  • デネブ(はくちょう座50番星)
サービスクラス
GnbEポート: GingabitEthernet(銀河系規模のトラフィック)
TbEポート: TerrabitEthernet(地球規模のトラフィック)

GingabitEthernetポートを磨く技術部員

GingabitEthernetポートを磨く技術部員

素材提供元:NASA

ご利用にあたって

AS(Astronomical System)番号を取得し、弊社POPへの接続が可能なネットワークであることを条件と致します。 JPNAP Galaxyにご接続の際には、弊社技術部員が現地にて開通作業を行います。

お客様にご用意いただく設備

JPNAP Galaxy開通の様子

お客様にご用意頂く設備 開通作業の様子
素材提供元:NASA 素材提供元:NASA

オプションサービス

BIサービス

BI(Blackhole Interconnect)は、パブリックなJPNAP Galaxyサービスとは別の時空間での、1または複数の特定のメンバーだけとの専有的なトラフィック交換が可能となります。途中経路は外部から観測不可能であるため、セキュアです。

ハウジングサービス

JPNAP Galaxyサービスをご利用のお客様を対象に弊社スペースコロニー内データセンターでのハウジングサービスを提供致します。 データセンター内は無重力に維持されているため地球上では困難な大型機器のラッキングも簡単に行えます。セキュリティも万全を期しており、10人で入室したのに11人いるというようなことはありません。 また宇宙怪獣からの侵略に備えてヱクセリヲン級の艦隊を配備しております。 なお、本データセンターをご利用の際は宇宙空間にゴミを残さないようにお願い致します。

DTPサービス

最新の宇宙デブリ情報をDTP(Deburis Trouble Protocol)で提供致します。

料金

月(Moonではありません)単位でのご利用契約となり、鉱物資源でのお支払いとなります。取引市場の動向により変動しますので、詳細については弊社担当営業までお問い合わせください。

お客様

FAQ

質問

  1. Q1JPNAP Galaxyサービスへ接続することのメリットはなんですか。

  2. Q2JPNAP Galaxyユーザ会の開催予定はありますか。

  3. Q3ベガ、アルタイル、デネブは惑星ではなく恒星ですが。

  4. Q4JPNAP Galaxyサービスは本当に提供されているのですか。

質問と回答

  1. Q1:JPNAP Galaxyサービスへ接続することのメリットはなんですか。

    A1:多くの星々と接続することで、銀河規模でONE HOPの接続環境を実現します。 異星間交流を促進し、銀河全体の発展に貢献致します。

  2. Q2:JPNAP Galaxyユーザ会の開催予定はありますか。

    A2:2014年7月7日にアルタイルにて開催予定です。

  3. Q3:ベガ、アルタイル、デネブは惑星ではなく恒星ですが。

    A3:承知しておりますが、語呂の響きを優先しました。

  4. Q4:JPNAP Galaxyサービスは本当に提供されているのですか。

    A4:大変申し訳ございませんが、エイプリルフールです。

    [2013年のエイプリルフールサイト]

  5. ▲ 上へ